5年4か月ぶり小高駅再開の日に 復興応援隊横山さん

2016年7月26日

2016年7月12日、南相馬市小高区の殆どで避難解除された同日、JR常磐線の不通区間だった原ノ町駅と小高駅の間の運転が再開

IMGP6181odaka2

大阪からIターンし南相馬市復興支援員として活躍している、横山良一さんと一緒に開通初日の常磐線に初めて乗ってみました。

横山さんは南相馬市観光協会に所属し、主に市内の情報発信を行っています。震災後は原ノ町以南の鉄道が不通だったこともあり、一度も市内の鉄道に乗った事がないと言う横山さんに、初めて乗車した感想を聞いてみました。「改めて南相馬市に来た実感が沸いた。鉄道が再開した事により、これからも何気ない復興の様子を伝えていきたい」と決意を新たにした様です。

小高3

自然豊かな車窓を眺め、震災前にはここにあったでだろう普通の生活に想いを馳せながら
小高町駅に到着すると、地元の皆さんが「おかえり」の横断幕を掲げて歓迎!おかえり写真

沿線では復興公営住宅が建設中だったり、整備された駅舎周りが見えたりと
梅雨の晴れ間に恵まれた当日の様な、気分が明るくなるような景色が広がっていました。

小高②

「小高駅前で車や人の姿を殆ど見かけない」に象徴される様に、まだまだ問題は山積みですが、復興への大きな第一歩になったに違いありません。
当日、開通動画がupされた南相馬市復興応援隊Facebook
には、「懐かしい風景をありがとうございます」 「テレビで知りFacebookの動画を見て涙が出そうになりました」等、特に県外に避難されていて、なかなか現地の情報が見られない皆さんからの感想がたくさん寄せられました。

小高駅

これからも南相馬市の復興支援員として、横山さんが発信する情報に期待しています。

南相馬市観光協会HP