【観光部門】
相馬市視察ツアーの企画、受け入れを行い、現地ではツアーへ同行、研修・視察・観光で来られた方々に相馬市が行っている取り組みや復興関連事業の案内を行う。また、相馬市が保有するスポーツ施設等の利用と合宿(宿泊)等を合わせてワンストップで案内できる取組、スポーツツーリズム推進協議会への参加
■受入団体:相馬市観光協会
http://www.somacci.com/~kankou/
相馬市役所・相馬商工会議所・地域内各組合と連携を行い、観光業を通じた取組により相馬市への観光客の誘客活動を行い、産業の更なる発展を目指します

【漁業部門】
本格操業ができていない水産業の早期再開へ向け、試験操業で獲れた魚種の放射線量自主検査のサポートや、風評被害払拭へ向けたPR活動を行っています。
■受託団体:相馬双葉漁業協同組合
http://sf-gyokyo.sakura.ne.jp/
当組合では、原発事故の影響により震災以降、出漁を自粛しています。モニタリングの結果から安全が確認された魚種に限定し、小規模な操業と販売を試験的に行い、早期再開へ向けた調査・準備をすすめています。

バス会社の方と視察ツアー通行コースの
打合せ
みちのく潮風トレイル、相馬市の魅力を伝えるため、地元の有志に混ざりワークショップでのマップ作成風景

岩の子道場へ玉乃井部屋の力士が合宿に来ている風景 天童市で開催された鍋合戦の参戦風景

試験操業の放射線量自主検査の様子。水揚げされた魚を捌き、小さなブロックにしてから検査機器で測定しています。 測定された数値のチェック及び、風評被害払拭へ向けた情報発信に関する準備をしています。

相馬市では、防災施設、公営住宅、漁業施設等の建築及び農地の再興は少しづつ復興に向かって進んでいます。しかし、かつては多くの観光客で賑わった潮干狩りや海水浴場、そして漁業再開の目途がたっていません、観光客誘致のためにも早急な対応を行政へ陳情し、連携して相馬の復興を目指します。

松川浦 涼ヶ岡八幡宮(桜+満月)
光陽パークゴルフ場の空撮  相馬盆踊りの風景