防風通聖散で下痢する人はこんな人!その時の対処法とは…。

↓満量処方の生漢煎防風通聖散はこちら↓

防風通聖散

 

防風通聖散は18種類の生薬で余分なお腹の脂肪を減らしたり便通を良くしてくれます。

 

第2類医薬品の漢方薬です。

 

防風通聖散は効果効能が証明されているので病院でも処方されています。

 

しかし病院で処方してもらうためには肥満症の診断がつかないといけません。

 

防風通聖散の効果は脂肪の分解を促すだけでなく便通もよくしてくれます。

 

このため下痢を起こす方が稀におられるのです。

 

防風通聖散 下痢

 

防風通聖散の働きとして体の熱を冷まし体の水分循環を改善し、便通をつける作用があるのです。

 

具体的には肥満症や便秘、尿量減少、むくみ、のぼせ、肩こりなどに用います。

 

また、そのような症状をともなう高血圧症や腎臓病、糖尿病などにも使用します。

 

このため副作用として下痢になられる方がおられるのです。

 

下痢する人はある特徴があります。

・漢方薬が体に合っていない(自然植物を使用しているので副作用は少ない)
・飲みすぎている(1日3包毎食後2〜3時間飲むのが理想)
・体調が悪い時に飲んでいる
・元々便秘体質ではない

 

これらの方が下痢を起こしやすい人(下痢がひどくなる人)になります。

 

この漢方の特性上便通が良くなるので飲みすぎると下痢がひどくなりますし、臭いもきつくなります。

 

そしてトイレに行く頻度も増えていきますので飲む量には気おつけてください。

 

防風通聖散は自然植物からできているので副作用はめったにありませんが一部の方で下痢といった症状を訴える方がおられます。

 

では下痢を起こした時や下痢を起こしにくくする方法などあるのでしょうか?

 

それらの方法についてまとめました。

 

防風通聖散で下痢を起こしたときの対処法

防風通聖散 下痢

 

防風通聖散で下痢を起こすということは飲みすぎている事が考えられます。

 

つまり効きすぎているのですね。

 

下痢を減らすためには量を減らせばいいわけです。

 

防風通聖散は1日3回 3包飲むように勧められています。

 

それを体調に合わせて1日2包にしてみたり1包にしてみたりしてください。

 

そうすることで下痢といった症状時は治まっていきます。

 

また体に合わなくて下痢といった症状が起きていたとしても飲んでいくうちに体が慣れてきますので体の様子をみながら量を調節していくと良いでしょう。

 

漢方薬ですので副作用はごく稀ですがご自身で量を減らすことにより下痢といった症状を抑えていくことができます。

 

1日3包飲むところを1包にすることで下痢が落ち着いたなんてことはよくあることなのですよ。

 

下痢が落ち着いたら徐々に量を増やして1日3包に戻して様子を見るのが良いでしょう。

 

まとめ

・一時的に減量したりすることで下痢は治まる。
・体は慣れてくるので落ち着いたら徐々に量を戻す。

 

そんな防風通聖散なのですがどこの医薬メーカーで購入するのが良いのでしょうか?

 

成分の違いやに容量の違いが気になりませんか?

 

そこで各メーカーの違いを比較しました。

 

>>防風通聖散の各メーカーの比較を見てみる。

 

↓満量処方の生漢煎防風通聖散はこちら↓

防風通聖散